気になる肌トラブル!埋もれ毛や黒ずみの解消にも効果的な脱毛サロン

経費が掛からないため自分でカミソリや毛抜き、脱毛クリームなどを使って脱毛する方がたくさんいらっしゃいます。

自己処理はお金もかからないし、いつでも脱毛できる反面、カミソリ負けや埋もれ毛など様々な肌トラブルも起こってしまいやすいです。特に埋もれ毛は毛抜きでほじってしまうと出血してしまいますし、さらに埋まってしまったりとトラブルが絶えません。

埋もれ毛はできやすい方、できにくい方がいますが、8割以上の方が体験をしています。ほっておいても皮膚の下で伸びていくだけなので、こんな時はレーザーや光などで照射処理するのがベストです。

光脱毛はエステサロン、レーザー脱毛は美容クリニックで受けることができます。時間はかかりますが、肌への負担も少なく処理できます。レーザーや光はメラニン色素に反応します。

そのためムダ毛には強く熱が照射されますが、皮膚にはほとんどダメージがかかりません。光のほうがその照射熱もやさしいので敏感肌やアトピー性皮膚炎の方、エステサロンによっては子供でも施術できるサロンもあります。

埋もれ毛も熱の照射でダメージが与えられるので、その状態で伸びることはありません。皮膚に近づいた部分で少し顔を出せるようにするだけであとは勝手に抜け落ちます。

キレイモの予約のキャンセルについて

脱毛サロンのキレイモで施術を受ける際には、事前に予約を入れておくことが必要になります。原則として予約はきちんと守らないといけませんが、急な用事が入ってしまって通うことができなくなる場合があります。

最低限のマナーとして必ず連絡をしましょう

そのような場合にはキレイモに連絡をして予約をキャンセルすることが必要になります。無断でキャンセルをすると、当日に施術を担当するエステティシャンに迷惑がかかるので、最低限のマナーとして必ず連絡をすることが大切です。

契約するプランによってキャンセル方法が異なる

キレイモには大きく分けて月額制プランと回数パックプランがありますが、月額制プランと回数パックプランとでは予約のキャンセルの方法が異なるので注意が必要です。

月額制プランは予約を入れると原則としてキャンセルすることはできず、予約を取り消した場合は1回分の料金が消費されてしまいます。予約を取り消すとお金がもったいないので、月額制プランを利用する際には、慎重に予約を入れることが大事になってきます。

回数パックプランの場合は、予約を入れた日の前日の21時までに連絡をすると予約を取り消すことが可能です。キャンセル料も不要で、1回分の料金が消費されることもありません。

ただし、回数パックプランも当日に予約を取り消した場合には、1回分の料金が消費されてしまいます。そのため、当日に予約を取り消すとお金がもったいないので、やむを得ない事情で予約を取り消す場合には、前日の21時までに連絡をすることが大切です。

予約が取りやすく満足度が高いVライン脱毛サロンまとめ