子供でもコンプレックスを解消できる!脱毛の年齢制限について

最近では子供も脱毛できるところがありますが、子供の場合は効果が一時的で将来的には毛が生えてくることが多くなります。何歳からできるかというと、一般的には16歳くらいからというところがほとんどで、中には生理が2回以上来ている事が条件というところもあります。

これは大人の体になっていないと、脱毛してもまた新たに毛が生えてきてしまうからです。脇やアンダーヘアの毛が生えてくるのが、女性ホルモンの分泌が盛んになる思春期を過ぎてからという事でもわかるように、体毛はホルモンの分泌の影響を受けて生えてきます。女性ホルモンの分泌が安定してからではないと、せっかくきれいに脱毛しても再び毛が生えてくる確率が高くなります。

特にアンダーヘアの脱毛は大人の体になってからのほうが良いでしょう。また未成年の場合は親の同意が必要となります。

再び毛が生えてしまうからといって子供の脱毛がだめなわけではありません。毛が濃い事がコンプレックスになることもありますし、水泳やバレーを習っている時には毛の処理をしていたほうが良いこともあります。

子供の場合は早いところでは3歳から受けられるところもあり、親と一緒に施術を受けられるようにしているところも多いので安心です。

脱毛サロンはステロイド剤使用中でも脱毛できる?

肌の露出が増えるシーズンはムダ毛の処理も完璧にしておきたいものです。今では脱毛サロンでの処理も一般的になってきましたが、時間とお金がかからないことから、まだ自己処理を続けている人も多いようです。

手軽にできるのでついつい続けてしまうという気持ちは分かりますが、自己処理の最大のデメリットは肌への負担が大きいことです。肌が弱い人ほど、自己処理はやめて脱毛サロンでプロにケアしてもらう必要があります。

ステロイド剤使用中は脱毛はNG

脱毛しようと思っている人の中には、ステロイド剤を使用しているので、脱毛できるか不安に思っている人もいるかもしれません。

ステロイド剤使用中でも脱毛はできるのでしょうか。結論から言うと、脱毛サロンではステロイド剤使用中に脱毛はできません。ステロイド剤を使用していると、免疫力が低下するので、感染症になりやすくなるためです。

脱毛の施術を行う際には、肌に少なからず刺激を与えるので、肌トラブルを起こし、そこから雑菌が入って炎症を起こす可能性もあります。そんな時に免疫力が低下していると、感染症になる可能性が高まるのです。

医師に相談をして許可をもらってから脱毛をしよう

また、脱毛の効果が出にくくなったり、色素沈着を起こす可能性もあります。脱毛サロンで脱毛するためには、塗り薬なら塗るのをやめてから2週間以上、飲み薬なら服用をやめてから1ヵ月以上たっていることが条件となります。ステロイド剤の使用を停止したら医師に相談して、許可をもらったうえで脱毛すると安心です。

敏感肌の人もVライン脱毛可能!主力が弱く肌が弱い人にも優しいサロンまとめ